犬に与えると栄養が不足することも

犬は猫と違って基本的には雑食動物です。動物性たんぱく質に加えてある程度の穀物も必要です。しかしキャットフードは動物性たんぱく質や脂肪分が多く作られているので犬が日常的に摂取し続けると健康上の問題が出てきます。犬には犬が必要な栄養素というものがあるのです。ですからキャットフードを食べることで特定の栄養が不足してしまうということもありうるのですが、それ以上に高タンパクで高脂肪というキャットフードは犬にとっては栄養過多となってしまう可能性の方が強いのです。

また薄味が基本のドッグフードに比べるとキャットフードの味付けは魚や肉類のエキスでたっぷりコーティングされているのでとても濃いのです。犬にとってはこの濃い味付けは腎臓などの臓器に負担をかけてしまうことになります。ですから犬がキャットフードを好んで食べていても、絶対にすぐにやめさせることが重要なのです。犬と猫の食事時間をずらしてあげたり、犬の届かない高い場所に猫のフードを設置してあげるなどの工夫をしている多頭飼いの飼い主さんはたくさんいます。犬の健康を考えて是非とも日頃からしっかりとペットフードの与え方には注意を払ってあげるようにしたいものです。

キャットフードの原料と栄養素

キャットフードの原料と栄養素はドッグフードとはかなり違います。猫は基本的には肉食動物であり犬は雑食動物であるために基本的に必要な栄養が違ってくるのです。ですからキャットフードの主な原料は高たんぱく質である鶏や牛などが主原料となっており、そこにつなぎとして米や麦やコーングルテンなどを混ぜ合わせていたりします。そこへ猫が体内で作れない栄養素であるビタミンAやオメガ6脂肪酸のリノール酸やアラキドン酸、タウリンなどが添加されています。最近はコーンや米といって穀物を使わないグレインフリーのキャットフードも出ており、より健康志向が強くなっています。これらのキャットフードに共通しているのが高カロリーという点です。

猫の運動量は犬に比べて非常に多いのでたくさんの消費エネルギーが発生します。そのためにキャットフードはドッグフードにくらべて100gあたりのカロリーが非常に高くなっているのです。しかも猫は食べ物の嗜好にうるさい動物なので味付けも塩分をやや多めにしてはっきりとした味付けが施されています。高カロリーや塩分多めのキャットフードを犬が食べてしまうと肥満や腎臓疾患や尿路結石などの重大な病気の引き金になってしまうのです。犬がキャットフードの濃い味付けに慣れてしまうと本来のドッグフードの薄味を嫌うようになりドッグフードを食べさせるのに苦労することになってしまいます。

ペットフードは動物に合った成分で作られている

最近は犬と猫を一緒に飼う家庭も増えているようです。ペットの多頭飼いをしているとどうしても気になるのがペットフードの問題です。たいてい犬は猫の食べているキャットフードが気になって仕方なくて、気がつくとつまみ喰いをしていることもよくあるのです。その逆も然りで、猫がドッグフードを食べてしまったりするということもあるわけです。犬も猫も相手の食べているフードの方が美味しく見えてしまうのですね。

だからといってこの状態をそのままにしていると重大な問題が出てくる可能性が高いのです。ペットフードというのはもともと犬なら犬、猫なら猫が必要としている栄養分や味付けなどがしっかり研究し尽くされてその動物の種類専用に製造されているものなのです。犬も猫も必要としている栄養分はかなり違います。ですから犬にキャットフードを与え続けていると栄養過多になってしまって肥満になってしまったり、味覚が変わって本来食べるべきドッグフードを食べなくなってしまったりということになりかねません。

ほんの数回、猫のフードを食べたからといって大きな問題に発展することは無いですが、何ヶ月にも及んで長期的にキャットフードを食べさせてしまうと本当に取り返しのつかないことになってしまいます。ペットフードは犬猫別になって販売されているのはそのためなのです。ですから日頃から飼い主さんが犬や猫に食事を与えるときには必ず別の部屋で食べさせるとか置きエサをしないとかなどの注意を払う必要があります。